ペットと人生を歩む

ペット暮らす

ペットと人との歴史は古く、古代エジプトの時代から猫は神様の使いとして、大事にされ、人と共に生活をしていた記録が残っています。人に必要な穀物を荒らしてしまうネズミを狩ってくれる猫は、人々の生活にとても役にたつ存在であったのです。現代においても、様々なペットが家族の一員として、またはパートナーとして人の暮らしに深くかかわり、人の心を和ませたり楽しませてくれたりしています。その一方で、捨てられるペットが後を絶たないという現実があります。

また、ペットに関する苦情や住民間のトラブルもあります。ペットを飼うことは、その一生に責任を持ち、マナーを守ってそのペットが健康で快適に暮らせるよう、環境を整える努力をしなくてはなりません。それには、飼い主のモラルが必要です。ペットは生き物で、命ある存在です。人と社会生活を送れるように、指導が必要な生き物もいます。

毎日の生活の中で食事、トイレ、犬では散歩など、一緒に生活するということはこれらのお世話を当たり前にするということです。また、病気や怪我、予防接種で病院に連れて行かなくてはならないときもあります。これが、ペットを正しく飼う、そして責任を持って一緒に生活する、ということです。ペットとして最も飼われているのは、犬や猫ですが、平均寿命は犬がおよそ12年、猫はおよそ13年といわれています。長い年月一緒に暮らすためにはしっかりと心の準備をし、家族がいればみんなで話し合うことが大切です。

 

■注目サイト
ドッグフード・・・高品質のプレミアムドッグフードを販売している通販サイトです。

ペットと癒し

ペットとのふれあいは、楽しいものです。そして、人に情緒的安定をもたらすことがわかってきました。このペットと人の間で生まれる作用の効果は、教育の現場や医療、福祉において活用されるようになっています。この活用を「アニマルセラピ・・・

ペットを飼うとき

ペットを飼う前に、飼育方法をきちんと学んでおくことは、とても大切です。どんなペットでも成長します。自分が飼いたいと思ったペットが、どのぐらいの大きさに成長するのか、また原産地はどこでどんな環境が適しているのか、鳴き声やトイレについては・・・